異界を愉しむ

アラフォーなってからスマホゲームをちょこっとやるようになりました。現在はリネレボ中心に、「ジョン・スノウ」というキャラ名でフリンテッサ鯖(旧バルセン鯖)・GOLD血盟所属・フェニックスナイト。黒い砂漠MOBILEもちょびっとカルフェオンで。ソシャゲもMMORPGも初心者の主が、思ったことを書いていきます。

LRT3に向けて/初めての城主

LRT3の発表とかレベルキャップ開放の発表とか

気になっていた第3回のLRTについて発表がありました。

f:id:jon_snow:20190505155740j:plain

LRT3参加条件

f:id:jon_snow:20190505155915j:plain

LRT3スケジュール

なんとなく、事前に色々な人が呟いていたのを聞いて、「今回は階級制とか導入されんのかな?」と思っていたのですが、これまでの倍の128血盟が参加できるという形式に落ち着いたようです。

・・・と思っていたら、このLRT3とは別にリネレボ・チャレンジカップなるものが開催され、こちらは実質的には、階級制のようなものが導入される模様。本命のLRTで階級制を試すのはちょっとリスキーなので、ハイブリッドにしてみた、という感じでしょうか。

上位128血盟ということであれば、GOLDも「参加は」できそうですが、いきなり強い所と当たって砕け散る可能性も高いですね。

何せ、GOLDの前身であるparadiseは、LRT2の初戦でAspirationsに当たった凶運の持ち主なので、今回も二の舞いを引き当てる可能性がないともいえない。

いや、強いところと当たるのは、それはそれで楽しいと思うのですが、拮抗した試合がやっぱ一番、勝っても負けても楽しいですね。

キャップ開放もう来るんですか 

それよりちょっとアレだったのは、キャップ開放のお知らせでした。

LRTの時期に合わせて、課金要素の強いコンテンツを投入してくるのは、まあ、人道的な措置かはともかく、企業としてはそりゃやるだろうなとは思ってましたが、レベルキャップ開放はちょっと意外でした。

大変だな〜。エリクサーポーション、足りるかな〜。

初めての城主

前回、奇襲にあって悲しい負け方をした攻城戦。

 

westeros.hatenablog.jp

普通、攻城戦は、 「城主 vs その他3血盟」になると、城主の方が圧倒的に不利で、よほどの戦闘力差がない限りは勝てるのが普通らしいです。しかし、前回はそれで慢心してまんまと負けていたので、今回はさすがに同じ負け方は繰り返せないという妙なプレッシャーの下GOLDは、CHAOS銀河系軍団の2血盟と組んで、城主・月煌聖旅団に再挑戦しました。

私は、個人的に、他鯖でぱんどら血盟が対3血盟を下している動画を見て、「やべーこうやられたら奇襲じゃなくても落ちるんだな〜」と戦々恐々としながら臨みました。

結果、今回は攻め側の3血盟がかなり用心していたこともあり、無事に(?)勝てました。しかも、そうと決めていたわけではないですが、うちが城主に。


【リネレボ】攻城戦:GOLD-CHAOS-銀河系軍団 vs 月煌聖旅団(2019年5月5日)

当然、私は初めての城主血盟の経験です。

正直、私はこのゲームで城とは無縁だろうなと思っていたので、嬉しかったです。聖闘士聖夜の黄金聖闘士みたいなコスチュームは、正直趣味じゃありませんが、エリート・ダンジョンでのお金稼ぎがすこぶる捗るので、大変有り難いです。

GOLDのみんなも喜んで、さっそく傲慢の塔登ってました。私は最初なんのことか判ってませんでしたが、城バフついている間に終わらせようっていうことなんですね。

 今のうちになるべくアデナ稼いでおこう・・・。